[注目トピックス 日本株]リソルホールディングス---1Q売上高が21.15億円。3密避けたサービス体制の強化等に努め、顧客の満足度向上を図る

*11:48JST リソルホールディングス---1Q売上高が21.15億円。3密避けたサービス体制の強化等に努め、顧客の満足度向上を図る
リソルホールディングスは13日、2021年3月期第1四半期(20年4月-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比58.3%減の21.15億円、営業損失が9.93億円(前年同期は0.20億円の利益)、経常損失が7.64億円(同0.13億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が11.30億円(同1.30億円の損失)となった。

ホテル運営事業では、新型コロナウイルス感染症拡大防止の緊急事態宣言を受け、ゴールデンウィークまでに大部分のホテルについて営業停止をしたが、6月から段階的に営業を再開し予約は徐々に回復傾向にある。また、本年7月開業の「ホテルリソル上野」、10月開業予定の「ホテルリソルトリニティ大阪」の開業準備も着実に進めた。

ゴルフ運営事業は、安心・安全な環境提供を徹底し、3密の生まれないプレースタイルを提供した。また、グループ施設共通で使える「リソルカードG」会員の拡大と会員リピート率アップを図るイベント実施に努めた。

リソルの森(CCRC)事業は、施設の一部クローズによるコストダウン対策を徹底させながら、グランピングエリア・天然温泉スパを中心としたWEB広告を強化し、7月以降の宿泊予約獲得に注力した。また、ゴルフ部門は3密対策を徹底したスループレースタイルの販売や新しい宿泊エリアとの相乗効果を狙った新発会員権販売に注力した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク