*12:43JST 日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は続伸、ソフトバンクGが1銘柄で約61円分押し上げ
25日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり216銘柄、値下がり9銘柄、変わらず0銘柄となった。

日経平均は3日続伸。
392.96円高の23378.47円(出来高概算6億1000万株)で前場の取引を終えている。

週明け24日の米株式市場でNYダウは3日続伸し、378ドル高となった。トランプ政権が新型コロナウイルス治療での血漿療法を緊急承認したほか、英アストラゼネカとオックスフォード大学が開発しているワクチンを大統領選前に承認・実用化することを検討しているとの報道もあり、寄り付きから上昇。フロリダ州の感染件数が6月中旬以来の低水準に改善するなど、鎮静化の傾向が見られることも好感され、終日堅調に推移した。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで257円高からスタート。経済活動正常化への期待から景気敏感株を中心に買いが入り、日経平均は上げ幅を広げ、この日の高値圏で前場を折り返した。


セクターでは、空運業、繊維製品、保険業などが上昇率上位で、その他も全般堅調。その他製品と精密機器の2業種のみ小幅に下落している。東証1部の値上がり銘柄は全体の79%、対して値下がり銘柄は18%となっている。


値上がり寄与トップファーストリテとなり1銘柄で日経平均を約61円押し上げた。同2位はソフトバンクGとなり、ファナック、ダイキン、信越化、資生堂、リクルートHDなどがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはエムスリーとなり1銘柄で日経平均を約8円押し下げた。
同2位は中外製薬となり、オリンパス、サイバーなどがつづいた。


*11:30現在

日経平均株価  23378.47(+392.96)

値上がり銘柄数 216(寄与度+414.21)
値下がり銘柄数  9(寄与度-21.25)
変わらず銘柄数  0

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
ファーストリテ 63820 1710 +61.38
ソフトバンクG 6464 195 +42.00
ファナック 18955 345 +12.38
ダイキン 20195 305 +10.95
信越化 13090 300 +10.77
資生堂 6064 262 +9.40
リクルートHD 3828 78 +8.40
TDK 11400 210 +7.54
京セラ 6225 92 +6.60
東エレク 28020 180 +6.46
スズキ 4359 168 +6.03
ホンダ 2704 78 +5.60
ヤマハ 5080 155 +5.56
オムロン 7850 150 +5.38
東電 6590 150 +5.38
日産化学 5750 150 +5.38
日立建 3705 140 +5.03
ファミマ 2291 34 +4.88
NTTデータ 1245 27 +4.85
トヨタ 7192 127 +4.56

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
エムスリー 6350 -90 -7.75
中外薬 4897 -60 -6.46
オリンパス 2130 -18 -2.58
サイバー 5770 -200 -1.44
コムシスHD 3120 -25 -0.90
ニチレイ 2849 -46 -0.83
協和キリン 2759 -13 -0.47
富士通 14110 -120 -0.43
キリンHD 2037.5 -11 -0.39




《CN》