[注目トピックス 日本株]NECキャピ Research Memo(7):コア領域と新事業の両輪で社会課題の解決に取り組む

*15:07JST NECキャピ Research Memo(7):コア領域と新事業の両輪で社会課題の解決に取り組む
■CSV経営の実現を目指して

NECキャピタルソリューションは社会課題の解決と企業の利益創出が両立するCSV経営を目指している。以前から、環境を配慮した事業活動を推進してきたが、2013年にグループビジョンを策定して以来、社会と企業双方に共通の価値を生み出すCSV経営という考え方を根底に置き、グループビジョン実現に向けた取り組みを推進している。既存事業であるコア領域と新事業の両輪で、社会・ICTインフラの整備、地域社会・経済の活性化、地球温暖化の防止、高齢社会への対応等に取り組んでいる。

(1) コア領域
コア領域の主な取り組みとしては、NECやNECグループ各社と協業し、最適な提案活動を行うことで、公共のインフラ整備等、社会基盤構築につながる取り組みを進めているほか、香港とグアムを結ぶ総延長約3,900kmの大容量光海底ケーブルシステム建設プロジェクト向けのシンジケートローンをリードアレンジャー(幹事金融機関)として組成するなど、各種取り組みをファイナンス面からサポートしている。ICT資産を運用・管理する労力・コストの削減に寄与する「PITマネージドサービス」やベンダーファイナンスの取り組みを実施し、NECとの戦略的なパートナーシップの推進や、ICTの取扱に知見のある同社ならではのサービスを展開している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク