[注目トピックス 日本株]日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は反発、中外製薬が1銘柄で約13円分押し上げ

       
*18:35JST 日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は反発、中外製薬が1銘柄で約13円分押し上げ
23日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり170銘柄、値下がり50銘柄、変わらず5銘柄となった。

日経平均は小幅反発。22日の米国市場でNYダウは反発し、152ドル高となった。良好な経済指標や追加経済対策を巡る与野党の早期合意への期待が相場を押し上げた。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで84円高からスタート。寄り付き後は日本時間の本日午前に開催された米大統領選候補者のテレビ討論会の内容を見極めたいとのムードが強く、前場にはマイナスへ転じる場面もあった。後場に入ると討論会を終えたことで一時23587.90円(前日比113.63円高)まで上昇したが、上値追いの動きは乏しかった。

大引けの日経平均は前日比42.32円高の23516.59円となった。東証1部の売買高は9億6767万株、売買代金は1兆9159億円だった。業種別では、ゴム製品、空運業、鉱業が上昇率上位だった。一方、その他製品、精密機器、小売業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の50%、対して値下がり銘柄は45%となった。


値上がり寄与トップは中外製薬となり1銘柄で日経平均を約13円押し上げた。同2位はファナックとなり、ファーストリテ、ブリヂス、ダイキン、電通グループなどがつづいた。

一方、値下がり寄与トップは東エレクとなり1銘柄で日経平均を約29円押し下げた。同2位は日立が保有株を売却するとの報道が伝わった日立建機となり、エムスリー、アドバンテス、TDK、

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。