[注目トピックス 日本株]アンジェス---3Qも引き続き遺伝子治療用製品・新型コロナウイルス感染症向けワクチンの研究開発を推進

       
*16:30JST アンジェス---3Qも引き続き遺伝子治療用製品・新型コロナウイルス感染症向けワクチンの研究開発を推進
アンジェスは26日、2020年12月期第3四半期(20年1月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比91.2%減の0.28億円、営業損失が28.57億円(前年同期は23.58億円の損失)、経常損失が31.50億円(同23.85億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が31.74億円(同27.70億円の損失)となった。

当第3四半期累計期間において、HGF遺伝子治療用製品を中心とする遺伝子治療用製品、及び新型コロナウイルス感染症向けワクチンの研究開発を進めるとともに、戦略的提携先との共同開発を進めるなど、将来の成長を見据えた事業の深化を図ってきた。

当第3四半期累計期間において、商品売上高は計上がなく(前年同期は1.70億円)、研究開発事業収益も計上がなかった(同1.52億円)。2019年9月よりコラテジェン(R)の販売を開始しており、当第3四半期累計期間において製品売上高を0.28億円計上した(同0.01億円)。事業費用は前年同期比7.6%増の28.86億円、売上原価は同81.0%減の0.16億円、研究開発費は同18.5%増の18.80億円となった。米国におけるHGF遺伝子治療用製品の下肢潰瘍を有する慢性動脈閉塞症を対象とした第IIb相臨床試験を開始し治験費用が発生したこと、及び新型コロナウイルス感染症向けワクチン開発に伴い、外注費が3.02億円増加している。同社グループのような研究開発型バイオ

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。