[注目トピックス 日本株]ベルシス24 Research Memo(5):2021年2月期第2四半期は、大型スポット業務により増収増益決算(2)

以上の結果、自己資本比率は前期末から0.9pt上昇の30.1%となった。前期末は、リースの会計処理変更に伴い一時的に低下したが、今後は利益の蓄積により再び上昇を続けると見られる。現状でも、同社の自己資本比率は、2020年3月期の市場第1部サービス業平均の6.7%を大きく上回る高水準である。また、同社のネットD/Eレシオは1.16倍と同0.07倍低下し、年々改善が進んでおり、高い安全性を維持している。さらに、同社ではメガバンクとの間でコミットメントライン契約を結んでおり、不測の事態に対しても十分に備えていると言えるだろう。

キャッシュ・フロー計算書によると、同社の2021年2月期第2四半期末時点の現金及び現金同等物の残高は7,544百万円(前年同期末比533百万円減)、また同社が自由に使える現金を示すフリー・キャッシュ・フローは4,922百万円(同2,116百万円減)であった。営業活動の結果得られた資金は6,664百万円で、これは主に、税引前四半期利益6,416百万円、減価償却費及び償却費3,784百万円、法人所得税の支払額が2,724百万円によるものである。投資活動の結果使用した資金は1,742百万円で、これは主に有形固定資産の取得による支出1,004百万円、持分法投資の取得による支出294百万円などによる。財務活動の結果使用した資金は5,139百万円となり、これはリース負債の返済による支出2,662百万円、配当金の支払額1,544百万円などによるものであった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)




《NB》

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。