[注目トピックス 日本株]ヒトコムHD Research Memo(7):2020年8月期は、コロナ禍でもデジタルビジネスの伸長で増収

       
*15:47JST ヒトコムHD Research Memo(7):2020年8月期は、コロナ禍でもデジタルビジネスの伸長で増収
■業績動向

1. 2020年8月期の業績概要
ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの2020年8月期の連結業績は、売上高が前期比12.0%増の71,499百万円、営業利益が同5.3%増の3,149百万円、経常利益が同11.9%増の3,361百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同20.5%減の1,370百万円となった。親会社株主に帰属する当期純利益が減少したのは、コロナ禍における市場環境の見通しが不透明となったことからツーリズム関連のグループ企業ののれん(336百万円)や固定資産の一部(82百万円)を減損処理(419百万円)して特別損失に計上したことによる。

持株会社としての設立が2019年3月であるため、第2四半期累計(上期:2019年9月−2020年2月)に対する前年同期の実績値はない。ただし、ヒト・コミュニケーションズと連結の範囲で実質的な変更がないため、それと比較すると上期は売上高が前年同期比13.2%増、営業利益が同17.4%増であった。下期(3月−8月)は、前年同期比で売上高が10.9%増、営業利益が8.9%減となった。

上期と下期で、セクター間の業績が明暗を分けた。コロナ禍の影響により、政府は2020年4月7日に埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県を対象に緊急事態宣言を発令した。同月16日には対象を全国に拡大し、期間はゴールデンウィークまででとされていたが、5月4日の発表で5月31日まで延長された。その後の状況から、全国の緊急事態宣言は5月25日に解除された。感染拡大を抑制するため、従来の手洗い・うがいにソーシャルディスタンスが加わり、さらに「3密」(密閉空間・密集場所・密接場面)の回避と「人との接触8割減」「人の移動制限」が求められ、外出自粛要請も出された。訪日外客数の前年同月比の推移は、2020年1月が-1.1%とほぼ前年同月並みであったが、2月以降急激に減少した。2月が-58.3%、3月が-93.0%、4月から7月の各月が-99.9%、8月が-99.7%とインバウンド需要が蒸発してしまった。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。