[注目トピックス 日本株]新興市場銘柄ダイジェスト:スマレジは上場来高値、アルファクスがストップ高

       
*16:29JST 新興市場銘柄ダイジェスト:スマレジは上場来高値、アルファクスがストップ高
大和コン 1093 -87
大幅に3日ぶり反落。21年7月期第1四半期(20年8-10月)の営業利益を前年同期比13.5%減の1.40億円と発表している。ソフトウェア開発関連でIT投資予算の縮小やプロジェクトの延期などが発生し、売上高が8.3%減の6.40億円に落ち込んだことが響いた。販管費が7.8%増の1.07億円となったことも利益を圧迫した。通期予想は前期比8.8%減の4.15億円で据え置いた。進捗率は33.7%。

アルファクス 1080 +150
ストップ高。23年9月期の営業損益目標を8.80億円の黒字とする中期経営計画を発表している。20年9月期の実績は5.08億円の赤字。ASPサービス事業で契約見込み店舗数が昨年の6.6倍増となっており、うち85%程度が3期にわたって契約されると仮定した。また、新型コロナウイルスの影響が落ち着いて新規顧客との契約が進捗するほか、エネルギーシステム導入店舗数も増加するなどと見込んでいる。

スマレジ 5370 +625
上場来高値。大和証券が新規に「2」(アウトパフォーム)でカバレッジを開始し、買い材料視されている。目標株価は5700円としており、前営業日終値(4745円)を約20%上回る水準。同証券は「大和予想ベースの来期予想PSRで13.5倍、来期予想PERで80倍超の水準」とした上で、「

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。