[注目トピックス 日本株]日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は日経平均は3日続落、ファナックが1銘柄で約14円分押し下げ

*12:44JST 日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は日経平均は3日続落、ファナックが1銘柄で約14円分押し下げ
8日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり78銘柄、値下がり142銘柄、変わらず5銘柄となった。

日経平均は3日続落。72.33円安の26475.11円(出来高概算5億株)で前場の取引を終えている。

週明け7日の米株式市場でNYダウは5日ぶりに反落し、148ドル安となった。新型コロナウイルス感染者数や入院患者数の急増を受けて外出規制の強化が広がっており、追加経済対策を巡る協議の先行き不透明感も加わって、景気敏感株を中心に売りが出た。ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は0.4%の上昇となり、連日で過去最高値を更新。本日の日経平均はNYダウが下落した流れを引き継いで167円安からスタートすると、朝方には一時26327.08円(220.36円安)まで下落した。ただ、米ハイテク株高を受けてエムスリーなどの値がさグロース(成長)株が買われ、日経平均は26500円台まで値を戻す場面もあった。

個別では、ANAJALといった空運株が軟調。ANAは公募増資に係る価格決定を受けて朝方プラス圏に浮上する場面もあったが、新型コロナ感染拡大への懸念が根強いようだ。ソフトバンクG、ファーストリテ、ソニーは小安い。また、東製綱やMDVが東証1部下落率上位に顔を出している。一方、前述のエムスリーが6日ぶりに反発し、2%超の上昇。任天堂、東エレク、

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。