[注目トピックス 日本株]アジア投資 Research Memo(6):プロジェクト投資における各事業が順調に進展

*15:06JST アジア投資 Research Memo(6):プロジェクト投資における各事業が順調に進展
■日本アジア投資の活動実績

1. PE投資
(1) ファンド運用残高(ファンド新設の進捗)
同社グループが管理運営等を行っているファンドの運用残高は11件※で16,556百万円(前期末は11件で17,390百万円)と減少した。一方、地域金融機関向けに募集を開始した中堅中小企業の海外進出を支援するファンドについては、その成果の1つとして「北海道地域中小企業グローバル化支援ファンド」(151百万円)の新設を実現するに至った。

※ただし、11ファンドのうち、1ファンド(総額1,359百万円)については、2020年3月に設立した稼働済みメガソーラープロジェクトを投資対象とするファンドである。


(2) 投資実績(戦略投資の実行、及び既存資産の流動化の進捗)
同社グループの自己勘定及び同社グループが管理運営等を行っているファンドからの投資実行額については2社に対して合計158百万円(前年同期は6社に対して合計824百万円)を行った。そのうち、プロジェクト投資のパートナー企業への戦略投資が1件含まれており、戦略投資残高は1,155百万円(前期末は1,005百万円)と中期経営計画の目標(10億円)を上回った上で着実な伸びを継続している。一方、中期経営計画に従って進めてきた既存資産の売却及び流動化については、株式売却の期ずれ等の影響により、緩やかな減少にとどまった。その結果、PE投資全体では、2021年3月期第2四半期末の投資残高は95件で8,375百万円(前期末は98件で8,405百万円)となった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク