[注目トピックス 日本株]パシフィックネット---2Qは2ケタ増収・大幅な増益、半期業績として売上高・各利益いずれも過去最高を更新

*15:23JST パシフィックネット---2Qは2ケタ増収・大幅な増益、半期業績として売上高・各利益いずれも過去最高を更新
 



パシフィックネットは14日、2021年5月期第2四半期(20年6月-11月)連結決算を発表した。売上高は前年同期比12.7%増の24.75億円、営業利益は同72.6%増の3.56億円、経常利益は同73.2%増の3.55億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同83.4%増の2.38億円となった。営業利益・経常利益・純利益で四半期の過去最高を更新した。また、半期業績としても、売上高・各利益いずれも過去最高を更新した。

ITサブスクリプション事業の売上高は前年同期比45.5%増の14.57億円、セグメント利益は同99.7%増の2.57億円となった。第2四半期については、今期はコロナ禍で受注ペースがダウンしたが、前期からの好調な受注によるストック積み上げがサブスクリプション収益の拡大につながり、短期レンタルの受注も好調に推移した。この結果、特別賞与や戦略投資によるコスト増をカバーし、売上高は1.45倍、セグメント利益は前年同期比約2倍となり、将来収益のストックも拡大した。

ITAD事業の売上高は前年同期比3.8%減の9.43億円、セグメント利益は同46.0%増の3.33億円となった。使用済み情報機器の回収台数は、第2四半期(9~11月)は回復基調となったが、コロナ禍による第1四半期の減少の影響から、第2四半期累計では前年比減少となった。しかし、データ消去の受注は好調に推移するとともに、在庫回転率の向上、業務IT化推進による生産性向上などの諸施策の効果により収益性がさらに向上した結果、売上高は若干の減収だったが、特別賞与計上後でもセグメント利益は前年同期比1.46倍となった。

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。