[注目トピックス 日本株]クイック---3Q減収も、2021年3月期通期業績予想の上方修正及び期末配当の増配を発表

*12:33JST クイック---3Q減収も、2021年3月期通期業績予想の上方修正及び期末配当の増配を発表
クイックは1月29日、2021年3月期第3四半期(20年4月-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比4.4%減の149.35億円、営業利益が同32.2%減の17.43億円、経常利益が同26.4%減の19.14億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同23.2%減の13.24億円となった。

人材サービス事業の売上高は前年同期比1.1%増の101.33億円、営業利益は同2.9%減の21.23億円となった。人材紹介では、注力分野の絞り込みや営業体制の再構築、求人企業及び転職希望者との面談強化による細かな対応等に取り組み、一般企業を対象とした専門職・技術職の人材紹介の業績はほぼ横ばいで推移し、看護師紹介及び保育士紹介は堅調に推移した。人材派遣・紹介予定派遣・業務請負等では、看護師派遣が既存スタッフの契約継続促進、新規派遣先の開拓に努め業績は堅調に推移した。さらに、保育士派遣も、業績は堅調に推移した。一方、その他の分野の人材派遣は、コロナ禍により派遣スタッフの活用に消極的な企業が依然として多く、厳しい状況が続いている。

リクルーティング事業の売上高は前年同期比29.0%減の18.23億円、営業損失は0.14億円(前年同期は6.31億円の利益)となった。新卒採用領域において、新卒採用サイト及びインターンシップサイトの広告取り扱いは、顧客企業の採用活動再開に伴い改善した。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大リスクにより、新卒関連イベントの取り扱いは厳しい状況だった。中途採用領域では、Indeedの取り扱いが好調だった。しかし、コロナ禍の長期化に伴い、業績悪化により採用ニーズの回復が遅れている企業も多く、正社員及び派遣登録スタッフ、アルバイト・パート募集のための求人広告の取り扱いは改善傾向ではあるが、本格的な回復には時間が必要な状況となっている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク