[注目トピックス 日本株]ハウスコム Research Memo(2):需要盛り返しや費用削減奏功により、四半期別で業績回復進む

*15:02JST ハウスコム Research Memo(2):需要盛り返しや費用削減奏功により、四半期別で業績回復進む
■業績動向

ハウスコムは首都圏と東海圏を地盤に不動産仲介・住まい関連サービスを提供する業界有数の成長企業である。1998年に大東建託の100%出資子会社として設立され、2003年に(株)ジューシィ情報センターから首都圏・東海圏の62店舗の営業権を取得し、店舗網の基盤とした。直営店の新規出店とともに、周辺業務(損害保険代理店・リフォーム工事取次・引越取次・広告代理店など)を取り込み、順調に業績を伸ばしてきた。出店は関東と東海を中心とした都市部に集中しており、近年では群馬、栃木、茨城といった北関東や、四国、九州、沖縄といった地方都市への出店も進んでいる。

2011年6月に大阪証券取引所JASDAQ市場(現 東京証券取引所JASDAQ市場)に上場し、2019年6月には東証2部に市場変更、8月には東証1部に指定替えされた。2020年3月期からはM&Aを通じて連結経営をスタートさせた。コロナ禍の厳しい事業環境でもM&Aなどの投資に積極的で、関西圏での店舗網も大幅に増える見通し(後に詳述)であり、事業規模・商圏が拡大中だ。大東建託グループに属するが、親会社物件の取引比率は約18%であり、実態は独立色が強い。

2021年3月期第3四半期累計(2020年4月-12月)の連結営業収益は8,328百万円(前年同期比7.5%減)、営業損益が356百万円の損失(前年同期は192百万円の利益)、経常損益が336百万円の損失(同196百万円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純損益が331百万円の損失(同109百万円の利益)となった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク