[注目トピックス 日本株]PCNET Research Memo(5):通期計画に対する営業利益の進捗率は71.4%

*13:05JST PCNET Research Memo(5):通期計画に対する営業利益の進捗率は71.4%
■業績動向

1. 2021年5月期第2四半期連結業績
パシフィックネットの2021年5月期第2四半期(2020年6月~11月)の連結業績は、売上高が2,475百万円(前年同期比12.7%増)、営業利益が356百万円(同72.6%増)、経常利益が355百万円(同73.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益が238百万円(同83.4%増)だった。売上高のほか各利益(営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益)は、いずれも2020年12月に開示した計画(売上高2,470百万円、営業利益350百万円、経常利益350百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益235百万円)を上回っており、四半期での過去最高を更新した。さらに、半期業績としても、売上高・各利益のいずれも過去最高を更新した。

なお同社は、従業員の献身的な貢献に報いるため、グループの全社員・パート社員に対する特別賞与の支給(12月の普通賞与を25%増額)、業務執行取締役に対する役員賞与引当金の計上を決定。賞与引当金の増額及び役員賞与引当金約36百万円のコスト計上の影響を加えての過去最高となる。これまで進めてきた事業構造改革によるITサブスクリプション事業におけるストック収益拡大のほか、社内DX等による生産性向上の効果が表れており、前述の特別賞与等による追加コストやIT投資等によるコスト増をカバーしている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク