[注目トピックス 日本株]PCNET Research Memo(7):下期は過去最高だった上期を上回る見通し

*13:07JST PCNET Research Memo(7):下期は過去最高だった上期を上回る見通し
■今後の見通し

1. 2021年5月期の連結業績予想
パシフィックネットの2021年5月期の業績予想については、売上高5,000百万円(前期比9.5%増)、営業利益500百万円(同20.8%増)、経常利益500百万円(同22.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益330百万円(同14.0%増)とする期初計画を据え置いている。通期計画に対する第2四半期の各利益の進捗率が7割を超えている状態であるが、会社側としては新型コロナウイルス感染爆発の発生や緊急事態宣言が長期化するリスクを考慮し、正確な予測が難しいとして従来計画を据え置いている。

しかしながら、会社側では下期は過去最高だった上期を上回る見通しとしている。また、各セグメントの見通しについても、ITサブスクリプション事業はクラウドサービスの受注拡大や短期レンタルについても堅調な推移を見込んでいる。ITAD事業では回収依頼案件が本格化するほか、データ消去受注は依然高水準として、拡大を想定している。コミュニケーション・デバイス事業については観光需要次第とはなるが、業績への影響は限定的であり、横ばいを想定している。

コロナ禍の今後については、政府の計画通りにワクチン接種が開始される見込みであるなか、経済活動が進むと弊社では考えている。現段階での同社業績に対する2021年5月期の市場コンセンサス予想値は、中心レンジとして売上高5,300百万円、営業利益680百万円が見込まれているが、これまで取り組んできた事業構造改革によって同社は環境変化に強く持続的成長が可能な収益構造に転換したことにより、弊社ではコンセンサス予想を十分上回る着地となる可能性が大きいと見ている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク