18日の中国本土市場概況:上海総合0.01%安で小反落、上海科創50は1.4%上昇

18日の中国本土市場は、主要指標の上海総合指数が前日比0.51ポイント(0.01%)安の3525.10ポイントと小反落した(上海A株指数は0.01%安の3694.91ポイント)。

商品市況安が相場の重し。昨夜の米市場では、WTI原油先物が1.5%安と反落し、金先物価格も急反落している。この日の上海期貨交易所(上海商品先物取引所)でも、主要な非鉄の先物価格が安く推移した。米中関係の悪化懸念もくすぶる状況。米連邦通信委員会(FCC)は17日、安全保障上の脅威になるとして、中国企業5社が製造する通信機器の認証を禁じる方針を決定した。

ただ、指数は高く推移する場面もみられている。足もとの経済指標が下振れる中、「当局は景気持ち直しの腰折れを回避するため、経済対策を強める」との見方が根強い。また、米国や中国の10年国債利回りの上昇一服も、高PER(株価収益率)のグロース(成長)株などにとっての追い風となった(相対的な株価の割高感が薄れる)。上海市場のハイテク企業向け市場「科創板」では、上海科創50(Star50)が1.4%高。今年1月25日以来の高値水準を回復した。(亜州リサーチ編集部)

業種別では、石油・石炭が安い。中国石油化工(600028/SH)が2.7%、中国石油天然気(601857/SH)が1.5%、中国神華能源(601088/SH)が2.4%ずつ下落した。

食品飲料株もさえない。白酒最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が3.1%安、醤油メーカー中国大手の仏山市海天調味食品(603288/SH)が1.6%安、乳製品グループ大手の内蒙古伊利実業集団(600887/SH)が1.3%安と値を下げた。鉄鋼株、産金株、銀行・保険株なども売られている。

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク