25日の香港市場概況:ハンセン0.02%高で小幅続伸、不動産株安で上げは限定

週明け25日の香港市場は、主要60銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比5.10ポイント(0.02%)高の26132.03ポイントと小幅ながら続伸する半面、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)は34.77ポイント(0.37%)安の9322.08ポイントと反落した。売買代金は1112億1860万香港ドルに縮小している(22日は1243億3930万香港ドル)。

電力不足の警戒感がやや後退したことが好感されている。政府の対策強化により、改善しつつある。また、石炭先物価格も19日に記録したトン当たり1970人民元から、足もとでは1330人民元(↓32.5%)台に落ち着いた。ただ、全体として上値は重い。不動産引き締めや新型コロナウイルス感染再拡大が懸念されている。(亜州リサーチ編集部)

ハンセン指数の構成銘柄では、バイオ医薬品開発受託会社の薬明生物技術(ウーシー・バイオロジクス:2269/HK)が3.9%高、乳製品メーカー中国大手の中国蒙牛乳業(2319/HK)が2.5%高、電池・自動車メーカーの比亜迪(BYD:1211/HK)が1.7%高と上げが目立った。

セクター別では、発電や重電の電力が高い。華潤電力HD(836/HK)が4.9%、中国電力国際発展(2380/HK)が3.8%、東方電気(1072/HK)が10.7%、ハルビン電気(ハルビン・エレクトリック:1133/HK)が7.9%ずつ上昇した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「不動産」に関する記事

「不動産」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「不動産」の記事

次に読みたい「不動産」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク