27日の香港市場概況:ハンセン1.6%安で続落、科技指数が3.2%下落

27日の香港市場は、主要60銘柄で構成されるハンセン指数が前日比409.53ポイント(1.57%)安の25628.74ポイントと続落し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が165.63ポイント(1.79%)安の9093.80ポイントと3日続落した。売買代金は1206億8780万香港ドルとなっている(26日は1139億8930万香港ドル)。

中国経済の回復鈍化が警戒される。国内では新型コロナウイルス感染が再び拡大しつつあり、行動規制も一部で強化された。中でも内モンゴルでは、都市封鎖により観光客約9700人が足止めされたと伝わっている。米中関係の悪化懸念も再燃。中国共産党系メディアの環球時報は27日、「台湾問題を巡り、米国が新たな攻撃を始めた」と非難した。それに先立つ25日、習近平・国家主席は中国の国連加盟50周年を祝う演説で、米国の台湾支援スタンスを暗に批判している。また、米連邦捜査局(FBI)が現地時間26日、サイバー攻撃に関連した捜査で、電子決済端末メーカー、百富環球科技(PAXグローバル・テクノロジー:327/HK)のフロリダオフィスに立ち入ったことも分かった。百富環球は香港時間の27日午前に株式取引を一時停止。取引停止前の株価は、前日比43.3%安と急落している。(亜州リサーチ編集部)

「ニューエコノミー」関連銘柄に売りが先行。ハンセン科技指数は3.2%安と他の指数をアウトパフォームした。組み入れウエート上位の「ATMX」銘柄では、阿里巴巴集団HD(アリババ・グループ・ホールディング:9988/HK)が3.0%安、騰訊HD(テンセント:700/HK)が3.0%安、美団(メイトゥアン:3690/HK)が5.1%安、小米集団(シャオミ:1810/HK)が2.2%安と値を下げている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク