[注目トピックス 外国株]22日の香港市場概況:続落、前日の反動で売り一巡後は下げ渋る

*17:34JST 22日の香港市場概況:続落、前日の反動で売り一巡後は下げ渋る

22日の香港市場では主要指数のハンセン指数が続落となり、前日比124.23ポイント安
(-0.54%)の22782.44で取引を終えた。H株指数(本土企業株で構成)は同109.09ポ
イント安(-0.95%)の11317.13、レッドチップ指数(中資企業株で構成)は同3.73
ポイント安(-0.08%)の4532.27だった。

終日マイナス圏での推移が継続。米新規失業保険申請件数などの悪化を受けて、米景
気の先行き不透明感が浮上。これを受けた前日の米国株安の流れを引き継いだ。ま
た、24-25日にイタリア総選挙を控えて欧州情勢への警戒感もくすぶった。ただ、前
日の大幅安の反動もあり、売り一巡後には下げ渋る動きに。ハンセン指数は22800近
辺での小動きを続けた。

ハンセン指数の構成銘柄では百麗国際(01880/HK)が5.37%続落で値下がり率1位。
2012年通期決算が市場予想の下限にとどまるとの発表が引き続き弱気材料。外資系証
券も総じて先行きに慎重な見方を示す中、売りの勢いは止まらなかった。このほか、
テンセント(00700/HK)が2.72%下落し、指数の足かせとなった。

一方、本土系不動産株が続伸。中国海外発展(00688/HK)が1.83%高、華潤置地
(01109/HK)が1.84%高となり、値上がり率上位に並んだ。中国海外発展の孔慶平会
長はこのほど、中国政府の不動産引き締めによる影響は限定的と発言。今年も売り上
げと利益の2ケタ成長に自信を示した。

その他の個別銘柄では、プラダ(01913/HK)が3.37%安。欧州連合(U)加盟国で導
入が検討されている「金融取引(FTT)」について、同社株の売買も課税対象とな
る可能性があるとの発表が嫌気された。半面、MGMチャイナ(02282/HK)が3.22%続
伸。堅調な決算や増配方針が引き続き好感された。

《KO》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2013年2月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら