[注目トピックス 外国株]21日の中国本土市場概況:上海総合は反落、週内にIPO集中で資金流出を警戒

*16:18JST 21日の中国本土市場概況:上海総合は反落、週内にIPO集中で資金流出を警戒
21日の中国本土市場はまちまち。上海総合指数は前営業日比0.22%(4.59ポイント)安の2054.48と反落、深セン成分指数は同0.21%(15.06ポイント)高の7274.51と続伸した。

上海総合指数はほぼ終日軟調。新規株式公開(IPO)銘柄への資金流出が引き続き警戒された。先月再開されたIPOについて、上場認可を取得した第2陣12社のうち、11社が週内に公募を行う予定だ。ただ、株価の値ごろ感が意識されたほか、不動産市場に対する救済策への思惑から下値では下げ渋った。複数の地方都市が住宅購入制限を緩和したと報じられたほか、不動産(固定資産税に相当)の早期導入は困難とする要人発言も伝わった。

セクター別では、石油や銀行など大型株の下げが目立った。石油株を巡っては、本日にも石油製品の基準価格が見直される見込み。足元の原油相場の下落を受け、年内で最大の引き下げ幅となる可能性が報じられている。半面、市場救済策への思惑から不動産株の一角が買われたほか、家具や家電といった周辺セクターが堅調だった。

このほか、国務院(内閣に相当)が新エネルギー車の普及促進に向けた指針を発表したことで、二次電池や充電設備など関連銘柄が上昇した。また、先ごろ発表された国有企業改革の第1陣リストについて、傘下企業など関連銘柄の一部に買いが継続。国投新集(601918/CH)、中糧生化(000930/CH)などが値を上げた。


《NT》

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2014年7月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら