[注目トピックス 外国株]22日の中国本土市場概況:上海総合は反発、商品高や不動産規制緩和などが追い風に

*17:04JST 22日の中国本土市場概況:上海総合は反発、商品高や不動産規制緩和などが追い風に

22日の中国本土市場は上昇。上海総合指数は前日比21.00ポイント高(+1.02%)の2075.48と反発、深セン成分指数は同98.15ポイント高(+1.35%)の7372.65と3営業日続伸した。

上海総合指数は売り優勢でスタート。今週は11社の新規株式公開(IPO)が集中するとあり、新規上場銘柄への資金流出が引き続き警戒された。ただ、ほどなくプラス圏に切り返すと、その後は堅調に推移。商品相場の上昇を受けて非鉄金属や石炭といった素材セクターが買われ、指数を押し上げた。また、地方都市で住宅購入規制緩和の動きが広がる中、不動産株の一角が堅調に推移した。

このほか、上海と香港との相互取引が10月にも開始される見通しとなっていることから、資金流入への思惑があらためて浮上した。加えて、国務院(内閣に相当)が前日、新エネルギー車の普及促進に向けた指針を発表したことを受けて、充電設備や二次電池など関連銘柄に引き続き物色の矛先が向かった。

地元メディアによると、江蘇省の蘇州市が今月19日付で、90平米以上の住宅に対する購入制限を廃止していたことが分かった。正式な発表は行われていないものの、関連当局に確認済みという。これで住宅購入制限を緩和した都市の数は15-20都市超に増加した。このほか、浙江省の温州市でも住宅購入制限が完全に廃止されたとの情報が伝わっている。


《KO》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2014年7月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「住宅」のニュース

次に読みたい関連記事「住宅」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。