[注目トピックス 外国株]28日の中国本土市場概況:上海総合指数は下落、利食い売り圧力が残る

*17:58JST 28日の中国本土市場概況:上海総合指数は下落、利食い売り圧力が残る

28日の中国本土マーケットは下落。主要指標の上海総合指数は、前日比47.22ポイント安(-1.41%)の3305.74ポイントと続落した。上海A株指数は49.61ポイント安(-1.41%)の3464.06ポイント。外貨建てB株相場は、上海B株指数が1.16ポイント安(-0.39%)の292.34ポイント、深センB株指数が4.06ポイント安(-0.38%)の1070.01ポイントで引けた。

前日の軟調地合いを引き継ぐ流れ。昨日公表された全国工業企業の14年12月利益総額が前年同月比で8.0%減少し、下げ率が過去最大を記録していることが引き続き売り材料になっている。新規株式公開(IPO)の増加が伝えられるなか、需給悪化の懸念もくすぶった。また、指数は依然として約5年半ぶりの高値水準で推移しているため、利食い売り圧力も残っている。

時価総額上位の銘柄が下げを主導。中国人寿保険(601628/SH)が4.3%安、中国石油天然気(601857/SH)が2.9%安、中国工商銀行(601398/SH)が1.9%安で引けた。不動産株やゼネコン株、建材株、消費関連株もさえない。


《KO》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。