[注目トピックス 外国株]10日の香港市場概況:香港ハンセン指数は上昇、資金流入継続の思惑

*18:15JST 10日の香港市場概況:香港ハンセン指数は上昇、資金流入継続の思惑

10日の香港市場は上昇。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比328.00ポイント(1.22%)高の27272.39ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が239.16ポイント(1.74%)高の13987.53ポイントと、そろって7日続伸した。ハンセンは約7年3カ月ぶりの高値を切り上げている。売買代金は2211億4500万香港ドルと連日の大商い(9日は2915億2900万香港ドル)。

前日までの好地合いを引き継ぐ。域外からの資金流入期待が支えになった。香港ドルの対米ドル為替レートが、連日で許容変動幅の上限(1米ドル=7.75香港ドル)近辺で推移しているため。市場関係者の間では、「域外のホットマネー流入が加速している」との見方が広がっている。香港の中央銀行に当たる香港金融管理局(HKMA)は9日、香港ドル高の進行を抑制するため、2014年8月以来となる為替介入を実施した。

また、今週の株価の急騰について、香港の曽俊華(ジョン・ツァン)財政長官が「バブルではない」と発言したことも買い安心感につながっている。もっとも、直近の上昇ピッチが速いなか、過熱感も強まる状態。指数は一時マイナス圏に落ち込む場面もみられた。

なお、寄り付き直後に公表された3月の物価統計に関しては、消費者物価指数(CPI)が前年同月比で1.4%の上昇(予想は1.3%上昇)、生産者物価指数(PPI)が同4.6%の低下(予想はマイナス4.8%)だった。CPIの伸び率が政府目標(3%前後)から大きくかい離していることを受け、市場関係者の一部からは、「追加緩和の余地は大きい」と指摘されている。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。