[注目トピックス 外国株]香港株式概況:香港ハンセン指数は上昇、外部環境の改善などが好感される

*18:14JST 香港株式概況:香港ハンセン指数は上昇、外部環境の改善などが好感される
8日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比287.37ポイント(1.05%)高の27577.34ポイントと7日ぶり、本土企業株で構成されるH株指数が281.19ポイント(2.04%)高の14049.66ポイントと4日ぶりにそれぞれ反発した。売買代金は1391億3400万香港ドル(7日は1616億3700万香港ドル)。


海外動向の改善が支え。ドイツと米国の債券利回りが低下するなか、金利上昇による企業業績の悪化懸念が薄らぎ、昨夜の米株相場に買い戻しが入ったことを好感した。ハンセン指数が昨日まで6日続落するなか、押し目買いの動きが優勢となっている。取引時間中に公表された4月・中国貿易統計の下振れは特段の悪材料となっていない。輸出額は前年同月比で6.2%減(予想は0.9%増)、輸入額は同16.1%減(予想は8.4%減)と、そろってさえない結果となった。


ハンセン指数の構成銘柄では、政府系港湾大手の招商局国際(144/HK)が4.5%高、パソコン世界最大手の聯想集団(992/HK)が4.2%高、中国政府系デベロッパーの華潤置地(1109/HK)が3.9%高と上げが目立った。レノボに関しては、ドイツ銀行が最新リポートで同社の株価見通しを上方修正したことなどが好感されている。


本土の空運大手3社株も急伸。中国南方航空(1055/HK)が11.0%高、中国東方航空(670/HK)が9.1%高、中国国際航空(753/HK)が8.6%高と買い進まれた。すでに3社は否定しているものの、石油や海運、

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。