[注目トピックス 外国株]4日の香港市場概況:ハンセン指数は小幅安、欧州株安などが嫌気される

*18:55JST 4日の香港市場概況:ハンセン指数は小幅安、欧州株安などが嫌気される

4日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比105.58ポイント(0.38%)安の27551.89ポイントと反落する半面、本土企業株で構成されるH株指数は12.07ポイント(0.09%)高の14127.01ポイントと小幅ながら3日ぶりに反発した。売買代金は1952億3000万香港ドル(3日は1505億4600万香港ドル)。

上値の重い展開。急落していた本土株が値を戻すなか、香港の各指数もプラス圏に浮上したが、大引け近くに再びマイナスとなった(H株は小幅高)。取引時間中に始まった欧州の株安なども逆風。ギリシャの債務問題や米国の利上げ観測など、外部環境に不透明感がくすぶっている。

ハンセン指数の構成銘柄では、長江グループ2社株の下げが目立つ。旧・長江実業(現・長江和記実業)のグループ再編に伴い誕生した長江実業地産(1113/HK)が5.5%安、香港財閥系コングロマリットの長江和記実業(旧長江実業:1/HK)が3.1%安で引けた。他にも、香港拠点の不動産株が総じてさえない。

一方、H株銀行セクターは買われる。交通銀行(3328/HK)が5.5%高、招商銀行(3968/HK)が2.8%高、中国建設銀行(939/HK)が1.5%高と値を上げた。中国の銀行業で近く、民間資本を受け入れる「混合所有制改革」が始動すると報じられたことが支援材料となっている。なかでも交通銀行は、同行がモデルケースに選ばれ、他行に先駆けて実施される見通しだ。

【亜州IR】


《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年6月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。