[注目トピックス 外国株]15日の香港市場概況:ハンセン指数は下落、内外環境の悪化が嫌気される

*18:23JST 15日の香港市場概況:ハンセン指数は下落、内外環境の悪化が嫌気される

15日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比418.73ポイント(1.53%)安の26861.81ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が361.24ポイント(2.58%)安の13622.76ポイントと、そろって3日ぶり反落した。売買代金は1165億1400万香港ドル(12日は1315億2900万香港ドル)。

内外の不透明感が重し。ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念が一段と強まるなか、先週末の欧米株が下落したことを嫌気した。本土株安も逆風。需給悪化懸念で上海総合指数が下げ幅を広げるなか、香港の各指数も中盤から一段安となっている。

幅広い銘柄が売られ、ハンセン指数の構成銘柄はほぼ全面安(50のうち47銘柄が下落)。個別では、婦人靴小売チェーン中国最大手の百麗国際HD(1880/HK)が6.8%安、国内銀行5位の交通銀行(3328/HK)が3.6%安、保険事業で中国2位の中国平安保険(2318/HK)が3.1%安と下げが目立った。百麗国際に関しては、同社が中国本土で手がける靴販売事業について、16年度第1四半期(15年3~5月期)の既存店売上高が前年同期比で7.8%減少したことを売り材料視している。

H株指数の構成銘柄は全てが下落した。なかでも、インフラ関連の銘柄が安い。鉄道建設の中国中鉄(390/HK)が5.4%、交通インフラ整備の中国交通建設(1800/HK)が4.0%ずつ値を下げている。原子力発電で中国最大手の中国広核電力(1816/HK)も、5.3%安と急落した。

【亜州IR】


《SY》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2015年6月15日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。