[注目トピックス 外国株]14日の香港市場概況:ハンセン0.7%安で8日続落、海外動向の不透明感が重し

*18:20JST 14日の香港市場概況:ハンセン0.7%安で8日続落、海外動向の不透明感が重し

週明け14日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比154.20ポイント(0.72%)安の21309.85ポイントと8日続落する半面、本土企業株で構成されるH株指数は7.91ポイント(0.08%)高の9315.91ポイントと8日ぶりに反発した。売買代金は774億9500万香港ドル(11日は683億8900万香港ドル)。

海外動向の不透明感が重し。原油安の進行を嫌気し、先週末の米株が売られた流れを継いだ。商品市況安を背景に、世界経済の先行き不安も強まっている。なお、週末(12日)に公表された11月の重要経済指標が概ね良好。市場関係者の一部からは、「景気の下振れ圧力は依然として強い」との見方も聞かれたものの、小売売上高は前年同月比11.2%増(予想は11.1%増)、鉱工業生産は6.2%増(同5.7%増)とそれぞれ事前予想を上回っている。もっとも、大きく売り込む動きはみられない。この日の本土株が急反発で引けるなか、香港でも本土系の銘柄が物色されH株指数はプラスに転じた。

ハンセン指数の構成銘柄では、婦人靴小売チェーン中国最大手の百麗国際HD(ベル・インターナショナル:1880/HK)が6.8%安と大幅続落(先週末は8.7%安)。今年9~11月期に、中国靴販売事業の既存店売上高が10.4%減少したことを引き続き売り材料視している。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2015年12月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。