[注目トピックス 外国株]7日の中国本土市場概況:上海総合7.3%安と急反落、開始30分で終日取引停止

*17:05JST 7日の中国本土市場概況:上海総合7.3%安と急反落、開始30分で終日取引停止
7日の中国本土マーケットは値下がり。主要指標の上海総合指数は前日比245.95ポイント(7.32%)安の3115.89ポイントと急反落した。約3カ月ぶりの安値を切り下げている。上海A株指数も下落し、257.38ポイント(7.31%)安の3261.16ポイントで引けた。外貨建てB株相場も急落。上海B株指数が31.05ポイント(7.60%)安の377.74ポイント、深センB株指数が55.46ポイント(4.36%)安の1216.63ポイントで引けた。  再びサーキットブレーカーを発動。上海、深センの両取引所は7日、両市場の主要300銘柄で構成する「滬深300指数(CSI300指数)」の下落率が7%に達したため、現地時間の午前10時58分から、すべての株式、ファンド、転換社債(CB)などの取引を終日停止した。

これに先立つ午前10時42分には、同指数の下落率が5%に達したのを受け、15分間の売買一時停止措置を実施している。ただ、売買再開後も下げの勢いは止まらなかった。この日の取引は15分にも満たなかった。サーキットブレーカーの発動は、今月4日に続き2度目となる。

主要指数の上海総合指数は、朝方からほぼ全面安の展開。人民元安の進行を背景に、中国からの資金流出や人民元資産の目減りなどが警戒されている。中国人民銀行

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月7日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。