[注目トピックス 外国株]9日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と4日ぶり小反落、H株指数と上海総合は続伸

*18:08JST 9日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と4日ぶり小反落、H株指数と上海総合は続伸


9日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比29.15ポイント(0.13%)安の22465.61ポイントと4日ぶりに小反落する半面、本土企業株で構成されるH株指数は24.61ポイント(0.27%)高の9301.17ポイントと小幅ながら4日続伸した。売買代金は532億4500万香港ドル(8日は607億9400万香港ドル)の薄商いとなっている。

一段の材料に乏しいなか、方向感を欠く展開。香港拠点の銘柄群が下げる半面、中国本土を主力とする銘柄群は物色された。寄り付きと同時に公表された7月の物価統計は特に材料視されず。消費者物価指数(CPI)は前年同月比1.8%上昇(市場予想は1.8%)、同月の生産者物価指数(PPI)は1.7%低下(同マイナス2.0%)で着地している。今週後半にも7月の重要経済指標が集中して発表されるため(12日に鉱工業生産や小売売上高、固定資産投資など)、積極的な売買が手控えられる状況だ。

ハンセン指数の構成銘柄では、香港拠点の銘柄群がさえない。大手商社の利豊(リー&フン:494/HK)が1.3%安、空運大手の国泰航空(キャセイ航空:293/HK)が1.1%安、不動産デベロッパー大手の信和置業(サイノランド:83/HK)が1.0%安で引けた。不動産投資信託の領匯房地産投資信託基金(リンク・リート:823/HK)も2.4%安と下げが目立っている。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。