[注目トピックス 外国株]21日の中国本土市場概況:上海総合0.8%高と反発、保険株が急伸

*16:57JST 21日の中国本土市場概況:上海総合0.8%高と反発、保険株が急伸
週明け21日の中国本土マーケットは値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比25.29ポイント(0.79%)高の3218.15ポイントと反発した。約10カ月ぶりの高値を切り上げている。上海A株指数も上昇し、26.54ポイント(0.79%)高の3369.53ポイントで取引を終えた。一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数は1.30ポイント(0.37%)高の353.29ポイント、深センB株指数は2.44ポイント(0.21%)安の1156.70ポイントで終了した。

安寄り後に買われる流れ。人民元相場の下落基調などを嫌気して小安くスタートしたものの、程なく買いが優勢となった。翌年度・経済政策の基本方針を決める「中央経済工作会議」の開催を控え、政策期待が広がっている。

業種別では、保険株の上げが目立つ。中国人寿保険(601628/SH)が7.8%高で引けた。一時、値幅制限いっぱいまで上昇している。大手ブローカーが相次いで保険株の割安感を指摘し、投資対象として推奨していることなどが手がかり。インフラ関連株も物色される。「一帯一路」戦略が加速するとの期待が根強い。不動産株や自動車株、運輸株、消費関連株、石油関連株もしっかり。


《MT》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2016年11月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。