[注目トピックス 外国株]25日の香港市場概況:ハンセン1.4%安と3日続落、不動産セクターに売り

*18:00JST 25日の香港市場概況:ハンセン1.4%安と3日続落、不動産セクターに売り
週明け25日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比380.19ポイント(1.36%)安の27500.34ポイントと3日続落し、本土企業株で構成されるH株指数も196.54ポイント(1.77%)安の10912.46ポイントと続落した。ハンセン指数は約1カ月ぶりの安値水準に落ち込んでいる。売買代金は1109億7300万香港ドルに拡大した(22日の売買代金は926億3500万香港ドル)。

中国の不動産引き締めを嫌気。中国本土の地方8都市では、先週22日から23日にかけて住宅引き締め措置の強化策が相次ぎ導入された。それより先、住宅ローン金利の上昇が伝えられたこともあり、投資家心理を冷やす一因となっている。本土株が約1カ月ぶりの安値を切り下げるなか、香港の各指数は中盤から下げ幅を広げた。

業種別では、本土系不動産セクターの下げが目立つ。雅居楽集団HD(3383/HK)が11.2%安、碧桂園HD(2007/HK)が10.9%安、中国恒大集団(3333/HK)が8.8%安、万科企業(チャイナ・ヴァンカ:2202/HK)が8.0%安、華潤置地(1109/HK)が7.0%安、中国海外発展(688/HK)が6.8%安と値を下げた。

中国証券セクターも安い。華泰証券(6886/HK)が6.3%、中信証券(6030/HK)が4.3%、中国銀河証券(6881/HK)が2.6%、広発証券(1776/HK)と海通証券(6837/HK)がそろって2.1%ずつ下落した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2017年9月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「住宅」のニュース

次に読みたい関連記事「住宅」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら