[注目トピックス 外国株]1日の香港市場概況:ハンセン0.7%高で3日ぶり反発、好決算銘柄の上げ目立つ

*18:00JST 1日の香港市場概況:ハンセン0.7%高で3日ぶり反発、好決算銘柄の上げ目立つ
1日の香港市場は値上がり。主要51銘柄で構成されるハンセン指数が前日比199.53ポイント(0.65%)高の31044.25ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が46.80ポイント(0.38%)高の12428.88イントとそろって3日ぶりに反発した。売買代金は1144億7400万香港ドルに縮小している(2月28日の売買代金は1353億2400万香港ドル)。

好業績銘柄の上昇が相場を支える展開。主要企業の決算発表がスタートするなか、各社が増益や黒字転換など好業績を明らかにしている。本土株高も買い安心感を誘う。本土株市場では、主要指標の上海総合指数が安寄り後に上昇した。香港の各指数も前引けにかけてプラスに転じている。

ハンセン指数の構成銘柄では、香港不動産デベロッパー大手の信和置業(サイノランド:83/HK)が4.1%高と急反発。中間期の利益3倍に加え、特別配当の実施が好感された。このほか、インターネットサービス中国最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が3.4%高、取引所運営の香港交易所(香港証券取引所:388/HK)が2.7%高と上げが目立っている。香港交易所は昨日昼に通期の3割増益を公表。いったん材料出尽くしで当日は下げていた。

本土系不動産セクターも高い。越秀地産(123/HK)が7.1%、首創置業(2868/HK)が3.4%、雅居楽集団HD(3383/HK)が3.0%、碧桂園HD(2007/HK)が1.7%ずつ上昇した。越秀地産に関しては、通期5割増益、業容拡大などが材料視されている。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年3月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。