[注目トピックス 外国株]20日の香港市場概況:ハンセン0.1%高で続伸、好決算の舜宇光学科技が8.6%上昇

*18:00JST 20日の香港市場概況:ハンセン0.1%高で続伸、好決算の舜宇光学科技が8.6%上昇
20日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比36.17ポイント(0.11%)高の31549.93ポイントと小幅に続伸する半面、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)は63.04ポイント(0.50%)安の12597.42ポイントと3日続落した。売買代金は1234億8100万香港ドルに拡大している(19日の売買代金は1062億2300万香港ドル)。

企業業績の成長が相場を支える展開。主要企業の業績報告が中国・香港で進むなか、これまでに増益・黒字転換など好決算が相次ぎ明らかにされた。ただ、上値は限定的だ。米利上げペースの加速を警戒。20~21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、2会合ぶりの利上げが確実視されている。物価上昇圧力の高まりで、年内の利上げ回数は従来予想より増える——との不安もくすぶる状況だ。

ハンセン指数の構成銘柄では、スマホ向け部品メーカー2社の上げが目立つ。光学部品OEMメーカーの舜宇光学科技(サニー・オプティカル・テクノロジー:2382/HK)が8.6%高、小型電子部品メーカーの瑞声科技HD(AACテクノロジーズ:2018/HK)が4.5%高で引けている。舜宇光学科技に関しては、前日公表された通期利益2.3倍と配当の増額が好感された。後場に入り一段高となっている。そのほか、あす21日に決算発表の吉利汽車HD(175/HK)が2.2%高、23日に発表予定の中国石油化工(386/HK)が1.2%高と値を上げた。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年3月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。