[注目トピックス 外国株]12日の中国本土市場概況:上海総合0.04%安で続落、消費セクターに売り

*17:02JST 12日の中国本土市場概況:上海総合0.04%安で続落、消費セクターに売り
12日の中国本土市場は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比1.34ポイント(0.04%)安の3188.63ポイントと続落した。上海A株指数も下落し、1.42ポイント(0.04%)安の3339.80ポイントで取引を終えている。

主要経済指標の発表を前に、様子見ムードが強まる流れ。中国では来週にかけ、3月の重要経済統計(12日に貿易統計、15日までに金融統計、17日に鉱工業生産や小売売上高など)や、第1四半期GDP成長率(17日)が相次いで公表される予定だ。なお、引け近くに公表された輸出入統計では、輸出の伸びが大幅に上振れ。指数はプラス圏に浮上したものの、程なく失速した。輸入が予想外のマイナス成長に落ち込むなか、内需の弱さが連想された。

業種別では、消費関連がさえない。メンズウエア販売チェーンの海瀾之家(600398/SH)が1.4%、白物家電最大手の青島海爾(青島ハイアール:600690/SH)が1.3%安、白酒メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が1.2%安で引けた。自動車株も安い。長城汽車(601633/SH)が4.3%、上海汽車集団(600104/SH)が2.4%ずつ下落した。不動産株、医薬品株、非鉄株、保険株なども売られている。

半面、発電株はしっかり。華能国際電力(600011/SH)が2.5%上昇した。メディア関連株、交通インフラ株、ハイテク株の一角も物色されている。

一方、外貨建てB株の相場はまちまち。上海B株指数が0.48ポイント(0.15%)高の313.25ポイント、深センB株指数が0.37ポイント(0.04%)安の1062.26ポイントで終了した。

【亜州IR】




《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年4月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。