[注目トピックス 外国株]21日の香港市場概況:ハンセン0.5%安で3日続落、中国金融セクターはしっかり

*17:59JST 21日の香港市場概況:ハンセン0.5%安で3日続落、中国金融セクターはしっかり
21日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比130.37ポイント(0.47%)安の27848.79ポイントと3日続落する半面、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が1.20ポイント(0.01%)高の10634.62ポイントと3日ぶりに反発した。売買代金は950億700万香港ドルに縮小している(20日は1024億3400万香港ドル)。

米中対立の激化が警戒される流れ。米メディアは20日、関係者の話として「アルファベット(グーグル)が米政府の方針に従い、華為に対してAndroid OSのサポートを停止した」と報じた。米政府は米企業が華為との取引を制限する措置(事実上の輸出禁止)を講じている。各ブローカーの最新リポートでは、「米中の貿易交渉が決裂すれば、世界経済をリセッションに追い込む」との分析報告が相次いでいる。また、指数銘柄の一部に配当落ちの下げがみられたことも重し。本土株高を追い風に、香港の各指数はプラス圏で推移していたものの、終盤に入りマイナス圏に転じた。


ハンセン指数の構成銘柄では、長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス:1/HK)が3.4%安、碧桂園HD(2007/HK)が2.5%安、九龍倉置業地産投資(1997/HK)が2.4%安、AIAグループ(1299/HK)が2.3%安と下げが目立った。ただ、配当の権利落ち分を調整した場合は、長江和記実業が0.5%安、碧桂園が0.6%高、AIAグループが1.1%安となる。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年5月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。