[注目トピックス 外国株]10日の中国本土市場概況:上海総合0.9%高で7日ぶり反発、保険セクター相場けん引

*16:50JST 10日の中国本土市場概況:上海総合0.9%高で7日ぶり反発、保険セクター相場けん引
連休明け10日の中国本土マーケットは値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比24.33ポイント(0.86%)高の2852.13ポイントと7日ぶりに反発した。上海A株指数も上昇し、25.52ポイント(0.86%)高の2987.32ポイントで取引を終えている。

自律反発狙いの買いが先行。先週までの上海総合指数は6日続落し、約3カ月半ぶりの安値水準に落ち込んでいた。国内景気の先行き不安がくすぶるなか、指数は寄り付き後マイナス圏に沈む場面もみられたものの、買いの勢いが再び増している。取引時間中に公表された5月の中国貿易統計は、輸出が上振れる一方、輸入が下振れるなどまちまちの内容。国内消費の弱さが意識されたが、景気テコ入れ策に対する期待感は逆に強まった。マーケットへの資金流入期待も広がる。中国銀行保険監督管理委員会の報道官は9日、現地メディアの取材に対し、保険会社の株式投資規制を緩和する方向で検討を進めていると報告した。

保険株が相場をけん引。中国平安保険(601318/SH)が2.6%高、中国太平洋保険(601601/SH)が2.1%高と上昇した。株式投資規制の緩和を通じ、収益が拡大するとの思惑が高まっている。消費関連株もしっかり。業界大手の青島ビール(600600/SH)が2.7%高、スーパーマーケット大手の永輝超市(601933/SH)が1.5%高と値を上げた。港湾・海運株、

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年6月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。