[注目トピックス 外国株]31日の香港市場概況:ハンセン1.3%安で反落、申洲国際4.2%下落

*18:04JST 31日の香港市場概況:ハンセン1.3%安で反落、申洲国際4.2%下落
31日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比368.75ポイント(1.31%)安の27777.75ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が143.04ポイント(1.32%)安の10675.31ポイントとそろって反落した。売買代金は602億9800万香港ドルとなっている(30日は617億1000万香港ドル)。香港天文台が午後、台風警報のレベルを「シグナル8」に引き上げたことで、本日の取引は短縮。後場途中で終了。香港証券取引所の規定に従い、取引時間中に「シグナル8」が発令されため15分後に全取引を中止した。

米中通商協議の不透明感が重し。閣僚級協議が再開された7月30日、トランプ米大統領は自身のツイッターに中国批判を相次いで投稿した。市場では「協議は難航する」との不安感が強まっている。

朝方公表された今年7月の製造業PMI(国家統計局などが集計・発表)は49.7。前月実績(49.4)と市場予想(49.6)を上回ったものの、節目の50は3カ月連続で下回った。

ハンセン指数の構成銘柄では、中国ニット衣料最大手の申洲国際集団HD(2313/HK)が4.2%安、ブタ肉生産で世界トップの万洲国際(WHグループ:288/HK)が3.6%安、香港不動産の太古(A)(スワイヤ・パシフィック(A):19/HK)が3.2%安と下げが目立った。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年7月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら