[注目トピックス 外国株]29日の香港市場概況:ハンセン0.3%高で4日ぶり反発、中国生物製薬9.8%上昇

*18:00JST 29日の香港市場概況:ハンセン0.3%高で4日ぶり反発、中国生物製薬9.8%上昇
29日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比88.02ポイント(0.34%)高の25703.50ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が11.91ポイント(0.12%)高の9992.64ポイントとそろって4日ぶりに反発した。売買代金は788億6700万香港ドルとなっている(28日は747億6500万香港ドル)。

米中通商問題の不透明感がやや後退する流れ。本土マーケットの引け後に中国商務部が会見し、「通商問題を話し合うため、中国側は9月の米国訪問を検討している」と会見で発表した。これより先、ムニューシン米財務長官は28日、「中国の通商担当者が近くワシントンを訪問すると予想している」と述べている。香港の政情不安、中国の元安進行などを嫌気し指数は安く推移していたものの、終盤に入り買いが優勢となった。

ハンセン指数の構成銘柄では、バイオ製薬・中医薬メーカーの中国生物製薬(1177/HK)が9.8%高と急伸。中間決算の上振れが好感された。決算報告を受け、一部のブローカーは、「研究開発費の減少により、下期の増益幅は拡大する見通し」と分析している。米中関係が株価に左右されやすい銘柄群も高い。中国ニット衣料最大手の申洲国際集団HD(2313/HK)が3.5%高、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が2.1%高、ブタ肉生産で世界トップの万洲国際(WHグループ:288/HK)が1.0%高で引けた。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年8月29日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。