[注目トピックス 外国株]12日の香港市場概況:ハンセン0.3%安で3日ぶり反落、香港交易所3.5%下落

*18:00JST 12日の香港市場概況:ハンセン0.3%安で3日ぶり反落、香港交易所3.5%下落
12日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比71.43ポイント(0.26%)安の27087.63ポイントと3日ぶりに反落する半面、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)は27.36ポイント(0.26%)高の10592.37ポイントと続伸した。売買代金は767億7400万香港ドルにやや縮小する(11日は894億8000万香港ドル)。

香港経済の減速が不安視される流れ。香港デモの余波により、域内企業の業績悪化が警戒される状況だ。香港航空大手の国泰航空(キャセイ航空:293/HK)が11日引け後に報告した月次統計では、8月の旅客数が香港デモの影響で11カ月ぶりに縮小している(キャセイ株は0.9%安)。

もっとも、大きく売り込む動きはみられない。米中対立の緩和期待が強まっている。トランプ米大統領は11日(日本時間12日朝方)、10月1日に導入予定だった約2500億米ドル相当の対中追加関税について、発動を15日に遅らせると発表した。また、「中国が国内企業による米農産物輸入の再開を認める可能性がある」とも伝えられている。トランプ大統領が10日、外交政策が強硬的なボルトン大統領補佐官を解任したことも改めて憶測を呼ぶ。一部では、「米中交渉が進みやすくなる」との見方も浮上している。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月12日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。