[注目トピックス 外国株]概況からBRICsを知ろう 上海総合指数は値上がり、中国人民銀行の資金供給がプラス


18日のインドSENSEX指数は3日ぶりに反落。前日比72.50ポイント安(-0.18%)の40284.19、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同10.95ポイント安(-0.09%)の11884.50で取引を終えた。

前日の終値近辺でもみ合った後は売りに押された。企業業績の悪化が圧迫材料。統計によると、7-9月期の上場企業の純利益は15年ぶりの低水準を記録したという。また、成長鈍化観測も警戒材料。7-9月期の国内総生産(GDP)成長率が4.9%まで鈍化するとの見方は出ている。外部環境では、米中通商協議の先行きを見極めたいとのムードが高まっていることが積極的な買いを手控えさせた。

【中国本土】上海総合指数 2909.20 +0.62%
週明け18日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比17.86ポイント高(+0.62%)の2909.20ポイントと反発した。

中国人民銀行(中央銀行)の資金供給がプラス。人民銀は朝方、7日物リバースレポを通じ市中に1800億人民元の資金を供給した。レポ取引は10月25日以来、約3週ぶり。金利も従来の2.55%から2.50%に引き下げている。また、人民銀は16日、第3四半期の金融政策報告を公表し、穏健な金融政策を維持する方針を改めて打ち出した。引き続き改革を通じ、実質金利を大幅に引き下げる意向も示している。




《NH》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。