[注目トピックス 外国株]香港株式概況:ハンセン0.6%高で3日ぶり反発、ハイテク関連に買い

*18:00JST 香港株式概況:ハンセン0.6%高で3日ぶり反発、ハイテク関連に買い
5日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比154.48ポイント(0.59%)高の26217.04ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が67.74ポイント(0.66%)高の10321.83ポイントとそろって3日ぶりに反発した。売買代金は669億3300万香港ドルにやや縮小している(4日は718億5700万香港ドル)。

米中通商合意の期待感が再び浮上する流れ。通商協議の行方に関し、米メディアは「米中は第1段階の合意に盛り込む関税の撤回範囲で歩み寄りつつある」と事情に詳しい関係者の話として報じた。また「合意は急がない」と発言していたトランプ米大統領は4日、メルケル独首相と会談した際に、「中国との協議はとても良好に進んでいる」と述べている。

ハンセン指数の構成銘柄では、小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が6.8%高、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が5.3%高、バイオ製薬・中医薬メーカーの中国生物製薬(1177/HK)が2.4%高、電動工具メーカー大手の創科実業(テクトロニック・インダストリーズ:669/HK)が2.3%高と上げが目立った。
業種別では、半導体や5Gネットワーク関連が高い。華虹半導体(1347/HK)が15.1%、ASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)が3.4%、中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)が2.5%、京信通信系統HD(2342/HK)が5.5%、中興通訊(ZTE:763/HK)が3.6%、中国鉄塔(チャイナ・タワー:788/HK)が1.3%ずつ上昇した。半導体銘柄に関しては、市況改善の期待感が高まっている。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。