[注目トピックス 外国株]10日の中国本土市場概況:上海総合0.1%高で4日続伸、ハイテク急伸

*16:50JST 10日の中国本土市場概況:上海総合0.1%高で4日続伸、ハイテク急伸
10日の中国本土市場は小幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比2.84ポイント(0.10%)高の2917.32ポイントと4日続伸した。上海A株指数も上昇し、2.98ポイント(0.10%)高の3056.85ポイントで取引を終えている。

中国景気の先行きを楽観。政府系シンクタンクの中国社会科学院は9日に経済白書を発表し、中国の国内総生産(GDP)成長率が2020年に6.0%前後を維持するとの見通しを示している。足元では、20年の中国経済が「6%割れ」するとのレポートが複数出ていただけに、過度な減速懸念が後退した格好だ。直近で公表された中国経済統計で、弱い内容が散見されただけに、「当局は景気対策に力を入れる」との思惑も広がっている。政策期待も強まる展開。来年の経済政策目標を決める「中央経済工作会議」が10日スタートしたと伝えられた。

もっとも、買い進む動きは限定的。米国の対中関「第4弾」の発動が15日に迫るなか、米中通商協議の進展を見極めたいとする慎重スタンスが広がっている。指数はマイナス圏で推移する場面もみられた。

業種別では、ハイテク関連の上げが目立つ。LED基盤・チップ中国最大手の三安光電(600703/SH)がストップ高、通信機器メーカーの大唐電信(600198/SH)が7.3%高、スマホ用アプリ開発(電子書籍リーダー)の掌閲科技(603533/SH)が6.8%高、IC設計の上海書爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)が5.9%高で引けた。医薬品株、素材株、消費関連株なども買われている。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「心理学」のニュース

次に読みたい関連記事「心理学」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。