[注目トピックス 外国株]14日の香港市場概況:ハンセン0.2%安で4日ぶり反落、スマホ関連に売り

*18:00JST 14日の香港市場概況:ハンセン0.2%安で4日ぶり反落、スマホ関連に売り
14日の香港市場は小幅に値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比69.80ポイント(0.24%)安の28885.14ポイントと4日ぶりに反落し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)も41.39ポイント(0.36%)安の11355.37ポイントと反落した。売買代金は1191億9300万香港ドルと高水準が続いている(13日は1118億1100万香港ドル)。

利食い売り圧力が意識される展開。ハンセン指数は心理的節目の29000ポイントを上回ってスタートするなか、直近の上昇ピッチが速かったこともあり、中盤からマイナスに転じた。もっとも、大きく売り込む動きはみられない。米中関係の改善期待が支えとなっている。15日開催の米中貿易協議「第1段階の合意」調印式を前に、トランプ米政権は13日、中国の為替操作国認定を5カ月ぶりに解除した。また、取引時間中に公表された昨年12月の中国貿易統計に関しても、輸出と輸入がそろって上振れたこともプラス材料視されている。

ハンセン指数の構成銘柄では、小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が4.4%安、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が2.3%安、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が1.8%安と下げが目立った。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。