[注目トピックス 外国株]20日の香港市場概況:ハンセン0.9%安で3日ぶり反落、レジャー関連に売り

*18:00JST 20日の香港市場概況:ハンセン0.9%安で3日ぶり反落、レジャー関連に売り
週明け20日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比260.51ポイント(0.90%)安の28795.91ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が88.42ポイント(0.77%)安の11331.49ポイントと3日ぶりにそろって反落した。売買代金は1115億9900万香港ドルとなっている(17日は1113億6100万香港ドル)。

大型連休を前に利食い売り圧力が意識される流れ。春節(旧正月)に伴い、本土市場は24日~30日、香港市場は24日後場~28日が休場となる。ハンセン指数は先週、約8カ月半ぶりの高値水準を回復していた。また、香港情勢の不透明感、中国本土の新型コロナウイルス感染拡大も不安視されている。米中の指標改善を手がかりに朝方は買われたものの、上値は重く、指数は程なくマイナスに転じた。

ハンセン指数の構成銘柄では、マカオ・カジノの金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が5.9%安、同じくカジノの銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が5.4%安、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が4.4%安、中国政府系デベロッパーの華潤置地(1109/HK)と中国ニット衣料最大手の申洲国際集団HD(2313/HK)がそろって2.9%安と下げが目立った。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。