[注目トピックス 外国株]18日の香港市場概況:ハンセン4.2%安で急反落、米株先物急落で投資家心理冷え込む

*18:01JST 18日の香港市場概況:ハンセン4.2%安で急反落、米株先物急落で投資家心理冷え込む
18日の香港市場は大幅に値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比971.91ポイント(4.18%)安の22291.82ポイントと反落し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が415.55ポイント(4.51%)安の8800.62ポイントと6日続落した。ハンセン指数は約3年2カ月ぶりの安値水準に沈んでいる。売買代金は1660億8900万香港ドルと高水準が続いた(17日は1510億1500万香港ドル)。

米株先物の急落が投資家心理を冷やす流れ。中国以外の国・地域では、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、製造業の操業や店舗の営業停止、国境の閉鎖が相次いでいる。フランスでは17日正午から全土で外出禁止措置が始まり、陸軍が部隊を展開。米国とカナダは、国境の一部閉鎖で合意したことを18日に発表するもようだ。17日付の米ニューヨークタイムズ紙は、「新型コロナのパンデミック(世界的な流行)は1年半以上続く」との予測記事を掲載している。

ハンセン指数の構成銘柄はほぼ全面安(50のうち49が下落、1が変わらず)。光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が11.9%安、通信キャリア大手の中国聯通(チャイナ・ユニコム:762/HK)が9.5%安、小型電子部品メーカーの瑞声科技HD(AACテクノロジーズ:2018/HK)が8.7%安、民間

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。