[注目トピックス 外国株]27日の香港市場概況:ハンセン0.6%高と反発、内外景気対策に期待感

*18:00JST 27日の香港市場概況:ハンセン0.6%高と反発、内外景気対策に期待感
27日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比131.94ポイント(0.56%)高の23484.28ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が57.36ポイント(0.61%)高の9504.92ポイントとそろって反発した。売買代金は1224億1800万香港ドルにやや拡大している(26日は1217億7900万香港ドル)。

内外の景気対策に期待感が広がる流れ。経済対策費2兆米ドル(約220兆円)規模に上る米国の新型コロナウイルス対策法案は、米上院が賛成対数で可決した。米下院の可決とトランプ米大統領の署名を残すのみとなり、法案は週内に成立すると見込まれている。一方、中国では、預金基準金利の引き下げ観測が根強い状況。また、主要企業の決算報告で、増収増益、配当増額など良好な内容が多い点も買い安心感を誘った。ただ、積極的に買い進む動きは見られず、指数は引けにかけて上げ幅を縮めた。

ハンセン指数の構成銘柄では、長江系の上げが目立つ。コングロマリットの長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス:1/HK)が5.5%高、不動産デベロッパーの長江実業集団(CKアセット・ホールディングス:1113/HK)が5.0%高、インフラ投資会社の長江基建集団(長江インフラ:1038/HK)が3.3%高で引けた。長江和記実業の創業者である李嘉誠氏が先週、相場急落局面で長江実業集団株を買い増していたことが判明。グループ各社の株価に関し、下値不安が薄らいだ。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。