[注目トピックス 外国株]31日の香港市場概況:ハンセン1.9%高で反発、中国景況感の改善が手がかり

*18:00JST 31日の香港市場概況:ハンセン1.9%高で反発、中国景況感の改善が手がかり
31日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比428.37ポイント(1.85%)高の23603.48ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が192.60ポイント(2.05%)高の9594.77ポイントとそろって反発した。売買代金は1133億4100万香港ドルとなっている(30日は1079億4900万香港ドル)。

中国景況感が大幅改善し、投資家のリスク回避スタンスが後退する流れ。国家統計局などが朝方公表した3月経済指標では、製造業PMIと非製造業PMIがそろって予想以上に上向き、景況判断の境目となる50をそれぞれ回復した。欧米などで新型コロナウイルスの感染が拡大する半面、中国内では感染拡大が収束しつつある。経済活動が正常化に向かうなか、早期の景気回復が期待された。また、香港で主要企業の決算報告が終盤に入るなか、好業績銘柄を物色する動きも目立っている。

セクター別では、石油生産・化工や掘削、天然ガスなどエネルギー関連が高い。中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が8.4%、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が7.4%、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が3.8%、中海油田服務(2883/HK)が11.3%、昆侖能源(クンルン・エナジー:135/HK)が9.4%ずつ上昇した。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。