[注目トピックス 外国株]1日の香港市場概況:ハンセン2.2%安で反落、配当停止でHSBC9.5%下落

*18:00JST 1日の香港市場概況:ハンセン2.2%安で反落、配当停止でHSBC9.5%下落
1日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比517.69ポイント(2.19%)安の23085.79ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が189.79ポイント(1.98%)安の9404.98ポイントとそろって反落した。売買代金は1312億3000万香港ドルとなっている(3月31日は1133億4100万香港ドル)。

外部環境の不透明感が重し。米景気の悪化懸念が強まるなか、昨夜の米株が売られた流れを継いだ。ゴールドマン・サックスは最新リポートで、新型コロナウイルスのパンデミックにより、4~6月期の米経済成長率が年率換算でマイナス34%に落ち込むとの予測を示している。米ジョンズ・ホプキンス大学の最新データによれば、米国全体の新型コロナ感染者数は世界最多を更新。当局の感染拡大抑制策を通じ、経済活動の停滞が長引くとの見方も広がった。時間外取引のNYダウが下げ足を速めるなか、香港の各指数も引けにかけて下げ幅を広げている。

ハンセン指数の構成銘柄では、金融大手グループのHSBC(5/HK)が9.5%安と急落。1銘柄だけで指数を187.6ポイント押し下げた。2020年中の配当実施を見合わせる方針が売り材料視されている。英イングランド銀行(中央銀行)の要請に応え、2020年のほか、未払いの19年第4四半期配当についても、計画を撤回する意向だ。このほか、配当実施を見送ったスタンダード・チャータード(2888/HK)も7.6%下落している。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。