[注目トピックス 外国株]25日の香港市場概況:ハンセン0.3%高で4日続伸、科技指数は2.3%安(訂正)

       
*18:41JST 25日の香港市場概況:ハンセン0.3%高で4日続伸、科技指数は2.3%安(訂正)
下記のとおり修正します。
(誤)354.75ポイント(0.52%)安
(正)54.75ポイント(0.52%)安

25日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比81.55ポイント(0.31%)高の26669.75ポイントと4日続伸する一方、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)は54.75ポイント(0.52%)安の10557.83ポイントと続落した。ハンセン指数は約8カ月半ぶりの高値水準を回復している。売買代金は1780億6100万香港ドルに拡大した(24日は1432億4200万香港ドル)。


米株高を好感した買いが先行する流れ。昨夜の米株市場では、米政治を巡る不透明感が後退し、主要指標のNYダウは1.5%高の30046.24ドルと続伸した。バイデン次期米大統領の政権移行が正式にスタートするなか、米中の通商関係改善が期待されている。中国景気の先行きも楽観。李克強首相は24日夜、国際通貨基金(IMF)など6つの国際機関トップとオンラインで座談会を開き、会議後の会見で「2020年はGDPのプラス成長が実現できる」と強調した。


ただ、上値は重い。域内の新型コロナウイルス感染拡大が警戒されている。香港政府は24日、新たなコロナ感染80人を確認したと公表した。感染者数の増加ピッチは、ここにきて速まっている。当局は同日、バーやラウンジ、カラオケなどを再び閉鎖する一連のコロナ対策を発表した。市場活性化の期待も一旦後退している。25日昼に行われた林鄭月娥(キャリー・ラム)香港行政長官の施政報告(施政方針演説)では、事前に報じられていた「セカンダリー(重複)上場銘柄が相互取引スキームの対象銘柄に組み入れられる見通し」についての言及はなかった。香港の各指数は後場に入り、失速している。(亜州リサーチ編集部)

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。