[実日ブックレビュー]グルメマンガの共通点 “食べるときの顔が…”【Book】

*17:25JST グルメマンガの共通点 “食べるときの顔が…”【Book】
グルメマンガと聞いて、何をイメージするだろうか。
やはり『美味しんぼ』をイメージする人が多いのではないだろうか。だが、最近のグルメマンガは以前とは違った盛り上がりをみせている。

お店で食べることを主としているものもあれば、朝食だけに特化した話、料理人の話、異世界で料理をする話、ダンジョン内のモンスターを調理しておいしく食べる話など、同じグルメマンガというくくりにしていいのかというぐらい多様化していることがわかる。
人によって食べ物の好き嫌いはあるだろうが、食べ物を一切食べたことがないという人はなかなかいないだろう。そう考えると、多様化してもグルメマンガに共感する人は多そうだ。
美味しいは正義である。

私はグルメマンガの中でも、特にレシピが載っているものが好きだ。
レシピが載っていることによって、レシピ本としても楽しむことができるし、その料理を作れば、そのマンガの世界に入り込めた気持ちになる。


『祟り神の食卓』では、祟り神に仕えているぱっとしない巫女の魚々子(ななこ)が、気持ちを込めて神様に捧げる御饌(みけ)を作り、美味しく食べ、神様も他人も自分も幸せになるという心温まるグルメ漫画だ。
悩みや問題を抱えた人々が神社に訪れるのだが、その人たちの悩みもおいしいごはんで解決してしまう魚々子は、美味しそうに食べるその顔も、天然な言動も、ちょっとさえないところも全てがかわいい。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年7月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。